便秘とニキビって関係あるの?

便秘とニキビって関係あるの?

ニキビをキレイに治そうと、一生懸命にスキンケアをしているのに、一向に肌がキレイにならない…と悩んでいる人に、ある共通点があるんです。

 

それは、慢性的な便秘だということ。便秘は肌トラブルの大きな原因になることをご存知でしょうか?

 

便秘がちだと肌荒れを始め、ニキビが出来やすくなるのです。

 

便は排出ができる状態になったら、すぐに体の外に排出すべきます。

便秘は老廃物などの不要なものを腸内に長い間とどまらせてしまっている状態。腸内に残った便などの老廃物は腐敗が進むに連れて有害物質を発生します。その有害物質は腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やしてしまうものです。

 

さらにその有害物質は血液に乗って、全身を運ばれてしまうのです。もちろん、肌の血管へも運ばれてしまいます。その結果、ニキビなどの肌荒れとして表面化してしまうんです。

 

このように、便秘とニキビには深い関係があるので、ニキビを本気で治したいのであれば、便秘改善を心がける必要があります。

 

便秘を予防するには下記の習慣を実践すること!ぜひ今日から試してみてください。

●朝食をとる習慣を。朝きちんと食事をとることで、腸の働きが活発になります。
●毎日決まった時間にトイレに行って排便の習慣を作りましょう。
●水分はたっぷりとこまめに摂ります。
●胃腸の働きを促す発酵食品や食物繊維を積極的に食べましょう。
●下腹部の腹筋を鍛えるストレッチを実践します。
●便秘薬はNG。飲み続けると体が慣れて効果が薄れます。また、便秘薬は体の水分を無理に出してしまうので、肌の乾燥の原因に。なるべく薬は使わないようにしましょう。