レトルトカレーはニキビがあっても食べて大丈夫?

レトルトカレーはニキビがあっても食べて大丈夫?

一人暮らしの人にとっては、とっても有難い存在のインスタント食品。

 

レトルトカレーやカップヌードルなどを自宅に常に保管しているという人も意外に多くいるんじゃないでしょうか。

 

 

でも、便利な反面…慢性的なニキビに悩まされているなら、それはインストタント食品の摂り過ぎが原因かもしれませんよ。

 

 

実はレトルトカレーのようなインスタント食品にはニキビを悪化させてしまう3つの理由があります。

 

たっぷりの食品添加物
食品添加物は、保存性を高めるためや色をキレイに見せるために使われる合成化学物質です。着色料や香料、酸化防止剤、カラメル色素などインスタント食品やコンビニ食、ジュースなどに多く使われています。

 

食品添加物は遺伝子を傷める働きがあったり、アレルギーの原因になるものなどもあり、ニキビが出来やすい肌状態を作り出してしまうのです。

 

 

栄養バランスの崩れ
ニキビを治すためには、栄養バランスの良い食事をとることが大切です。カップヌードルは炭水化物がメインに。レトルトカレーは油分がメインになってしまっているので、どうしても栄養が偏りがちに。

 

そのようなバランスが崩れた食生活を続けていると、ニキビができやすく治りづらくなるだけでなく、体の調子まで悪くなってしまいます。

 

 

脂質の摂り過ぎ
レトルトカレーなどのインスタント食品にはたっぷりの油分が含まれてます。油分を摂りすぎるとニキビの原因になる、過剰な皮脂分泌を招くことに…。また、インスタント食品には、過酸化脂質という皮膚の水分を失わせて保湿機能を狂わすという物質まで含まれています。

 

ニキビやアトピーに悩む人は、キレイな血液の人に比べると過酸化脂質値が高いという実験結果もあります。

 

 

このように、レトルトカレーなどのインスタント食品は、食べ過ぎると慢性的なニキビ肌を作り出す原因になります。

 

本気でニキビを治したいのであれば、自炊を心がけて栄養バランスのとれた食事を摂るようにしましょう。